1. ホーム
  2. ニコニコ様 専用
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

日産、米国で製造する2種類の新型EVを予告

日産とインフィニティが2025年に発売するEVを初めて見ることができる新しいティーザー映像が公開されました。日産は、ミシシッピ州のカントン車両組立工場に5億ドルを投資し、両モデルの生産を開始する予定です。また、これらの車種用のバッテリーパックを生産するために、同工場を改良する予定です。

上記のティーザー映像は、EVを覗くことができ、それらは両方ともファストバックテールを持つセダンのように見えます. 日産は、ノーズ先端に全幅のライトストリップがあり、両サイドに3つの小さなバンドがあります。横顔は、滑らかで流れるようなスタイリングです。映像では車体後部をあまり見せていませんが、テールライトは後ろまで貫通しています。

硯 太鼓形 唐木蓋付 a7

イチローズモルト 秩父 ピーテッド2022

バルマン

インフィニティEVは、縦に短い光のセグメントが車幅いっぱいに広がっています。リアデッキの先端に小さなスポイラーがある以外は、日産と同じようなシルエットです。また、テールには、左右に矢印型のエレメントを持つ全幅のテールライトを備えています。

日産は、いずれのモデルも名称をまだ公表していません。また、パワートレインやバッテリーの詳細もわかっていません。

日産によると、このEV投資は、今後5年間に米国で行われるいくつかの投資のうちのひとつだという。同社は、2030年までに世界で15台の電気自動車を発売する計画で、同年までに米国での販売台数の40%をEVにしたいと考えています。最近の報道によると、日産は米国でトラックとSUVの動力源となるエンジンを除き、内燃機関の開発を中止する意向だという。

ルノー・日産・三菱アライアンスは、コンソーシアム内の全ブランドが使用できる5つのEVプラットフォームを開発中です。CMF-AEV, KEI-EV, LCV-EV, CMF-EV, CMF-BEVです。また、全世界で220ギガワット時のバッテリー生産を目指しています。半ばには、固体電池の製造を開始する計画もある。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール リョウガ BJ C2025PE-SHL (左ハンドル) 2014年モデルVivienne Westwood セットアップ デニム ジャケット スカート

モッズコート ファーベスト付き 4wayリクシル 竹垣フェンス 京香 建仁寺垣 ユニット型 間仕切りタイプ 両面仕様セット 基本本体 柱:木目調 角柱 W-20 T-26 しみじみさらし竹インフィニティ,ラッキーキャット ハナ・チョコ 岩井ワインカスク,Bubble Bobble Double Shot 【中古・通常版・欧州版】,【新品・未開封】ショップジャパン スレンダートーンコネクト パッド増量セット

まとめ アイリスオーヤマ LED電球40W E26 全方向 昼白 LDA4N-G W-4T5 ×10セット激レア 菅田将暉着用 オールナイトニッポン Tシャツ オレンジ スヌーピー


ALN.AC.TH RSS